古屋 圭司代議士よりビデオレターによる応援メッセージを戴きました。

本日4月3日(水)、古屋 圭司代議士 よりビデオレターによる応援メッセージを頂戴しましたのでご報告いたします。
公務多忙な中、熱いメッセージを本当にありがとうございました。

ビデオレターの内容

「小川ゆうき候補は33歳、前途有望な青年であります。また、政治に対する大きな情熱を兼ね備えております。
私は彼に非常に期待しております。何故なら私も若くして国会議員になり長く議員を務めあげることにより少なからず地域にも貢献する事ができたと思っております。また大きな国家の問題にも主体的に取り組む事ができました。
これは長い期間をかけて政治活動をしてきたという事があるからです。

特に瑞浪を中心とする東濃地区はリニア中央新幹線が2027年にいよいよ開通します。それに向けて色々な事業がそれぞれの地域で展開をされています。
例えば瑞浪恵那バイパス、これは2027年までに完成させたいと思っております。
そのためにも市、県、国の連携が不可欠であります。是非新しいフレッシュなメンバーとしてこのチームに小川君に参加してほしいと切に願っている次第であります。

日吉地区には大きな事業、五月橋の事業に取り組んでいます。これも県が中心となって国と連携していく事業でございます。
そういった視点からも県会議員の仕事は極めて大切であります。

私は4年間小川ゆうき候補の仕事ぶりを見てきました。
若いけれども皆さんと非常に上手に連携を取ってそして先輩の意見も聞きながら取り組んでいく。
だからこそ多くの市会議員がいる中で小川ゆうきを次の県会議員候補へと、みんながこぞって支援をしてくれた、推薦をしてくれた。
これは彼のネットワーク、連係プレイができるその証では無いでしょうか。
私はなんとしてもこの選挙を勝ち抜いていただきたい、そう思ってビデオレターをお送りしました。

どうか皆様、最後の追い込みでございます。
日曜日の投票日に向けて瑞浪市民の力を結集して、どんなことがあっても小川ゆうき候補を、若干33歳の若い無限の可能性がある小川ゆうき候補を県政に送ってください。
私、不肖古屋圭司も小川候補を、そして過日選挙が終わりました市会議員の皆様も若い世代からベテランの世代まで見事当選することができました皆様と、さらに水野市長と連携して、瑞浪市のため東濃のため、そして国の為に頑張ってまいりたいと思います。
そのためには何卒小川ゆうき候補を宜しくご支援の程お願いいたします。」