御年86歳の弁士、魂の演説。栄町公会堂にて。

4月2日(火)午後7時より栄町公会堂にて土岐西部地区小川ゆうき個人演説会を開催しました。

大久保 京子市議のお声がけもあり会場は実に100名近く、溢れんばかりの方々にお越しいただきました。
大久保市議の涙ながらにいただいた応援に心を動かされました。

土岐西部地区個人演説会 栄町公会堂にて
大久保 京子市議登壇の様子
大久保 京子市議

また御年86歳、日比野 昭様(社会福祉法人岐阜県共同募金会 会長)に弁士頂きました。

日比野会長は冒頭『負うた子に教えられる』という故事を出し、
「小川ゆうき候補を中心とした若い人たちが、今回の県議選で精一杯努力をしている姿を見ると、86歳の私ですら努力をしなければならないと教えられる心境です。」と小川ゆうきと青年団メンバーの選挙活動の姿勢を評価。

また、土岐橋の架け換え事業については次のように語りました。
「最近文化センターで土岐橋の架け換えの説明会がありました。10億円を超える大きな予算、しかも3年~5年と長期に渡って工事期間がある。そして、その間も瑞浪高校の生徒など300~400の人がその橋を渡る。こんな大事な、市民の生活・安全に関わる大事な説明会に、県議の姿は見られなかった。もっともっと瑞浪の事を考え、市民の事を考え、将来の事を考えているとするならば、この大事な土岐橋の架け替えの説明会に顔を出さないのは如何なものか。」

最後に日比野会長は、
「老い先短い私がこの世に生まれて最後のお手伝いができる、誠に幸せな機会を頂いたと思っています。是非冥途の土産に小川君の当選証書を持っていきたい。」
と魂の演説を展開。続けて、
「私は頼まれたから選挙のお手伝いをしているのではない。ここにいる人たちもそうだと思うが、地元だから応援するのでもない。同じ志を持つ人を応援するという事は国民の義務である、私はそう思ってます。どのようなことがあってもこの若者に将来を託したい、多少失敗するようなことがあってもいい、私たちの将来を小川ゆうきに託してみたい。どうか皆様の応援をお願いします。」
と締めくくりました。

社会福祉法人岐阜県共同募金会 会長
日比野 昭 様

本日も水野 光二市長や、山本 勝敏県議から応援弁士を頂きました。
公務ご多忙中の中で小川ゆうきの為に駆けつけて頂いており、感謝の念にたえません。
弁士の皆様、そして応援者の皆様の思いに答えるため、ただ只管に頑張り抜く所存です。

小川ゆうき候補 栄町公会堂にて