新丸山ダム建設促進期成同盟会(今年度予算は前年比一割増の88億円)

新丸山ダムの建設の大きな目的は、昭和58年の豪雨災害レベルの洪水調節と、平成6年にあった木曽川の渇水に対応できる流水の確保です。

今年度予算は、
昨年度(平成30年度)の80億円から、前年比1割増しの88億円。

瑞浪市関連は、
付替県道大西瑞浪線の用地補償を進めるとのことでした。
要望にも、しっかりと県道大西瑞浪線の付け替え道路整備の早期完成が入っております。