第一回新型コロナウイルス感染症対策委員会

県の対応であるアクションプラン、県内感染状況、専門家による正確な知識の説明を受けました。

(3月30日加筆:新型コロナウィルスに関する状況は刻一刻と変わっていきます。常に最新の情報を取得するようお願いします。下記は3月6日現在の状況に関する記述です。)

県民の皆さんにやってほしい事

  1. 体調が悪い場合は外出を控える→体温測定をすること
  2. 手洗いアルコール消毒
    (トイレ、手すり、ドアノブ等皆が触るところを触った後は必ず)
  3. マスク着用
    (体調良ければ本来必要ないが、2m程度の至近距離に咳をする人から守るため)

正確に理解し、行動する

(岐阜大学医学部村上啓雄教授)

  • 1人の感染者が何人に感染させるかは、インフルの2-3人より低い1.4-2.5人
  • 致死率は約2%(インフルは0.1%)
  • 重症化しやすいのは高齢者と基礎疾患であり、年齢は、40代までは0-0.4%なので、しっかり寝ることが大切。
  • 60代は3.6%70代は8%80代は14.8%と高齢になる程死亡率が高くなる。
  • また、基礎疾患では心不全が14%と一番多く、糖尿病や腎不全等。
  • 飛沫感染はファブリーズみたいなイメージ(2m)
  • PCR法による検査には限界がある。感染していても陰性と出ることがある。

県の3月15日までのアクションプラン

  • 相談の受付を午後5時から9時に延長
  • PCR検査が県内1日40件だったのが80件に、最大120件に拡充
  • 病床の確保
  • 経済的な支援
  • 外国人居住者への情報提供
  • イベントへの対応について、不特定多数か特定か、感染症対策がされているか、高齢者基礎疾患のかたが主でないか、間隔が確保されているか等で検討