第6回岐阜県新型コロナウイルス感染症対策本部本部員会議の開催について

4/14現在、岐阜県内で127名の患者が発生。
(岐阜県公式ホームページリンク)
https://www.pref.gifu.lg.jp/…/shingata_corona_kansendoko.ht…

知事からの発言

  • 4月11日、政府の「基本的対処方針」が変更され、繁華街の接客を伴う飲食店に対する自粛要請が明記された。
    今後、本県においても特措法に基づき、これらの飲食店に自粛を要請していく。
  • 総理から「出勤者を最低7割減らす」という発言があった。
    本県においても、経済団体を通じて民間企業に在宅勤務を要請していくとともに、職員の在宅勤務状況を評価・検証をして、7割減が可能か、検討をしていく。
  • 昨日、岐阜市とクラスター対策の合同本部を立ち上げた。
    岐阜市で発生した2つのクラスターは、いまだに全貌が解明されていない。
    徹底した対処が不可欠であり、県と市がワンチームとなって、クラスターの拡大阻止・終息に向けて全力で取り組む。
  • 感染症に関する相談が非常に多いということは、それだけ不安を感じている人が多いということ。
    今後、PCR検査について、丁寧かつ積極的に行っていく。

※本情報は2020年4月14日現在の情報です。