総務委員会県内視察

  • 岐阜市役所
    今年5月から供用開始された庁舎を視察させていただきました。18階建てで総事業費273億円とのことです。
    一階は手続きがワンストップでできる総合窓口があり、複雑な手続きの際に様々な窓口に行く必要が無いような作りとなっていました。
    議場には、子供連れでも入れるように親子席が個室で設けられており、今後県庁でも必要な場所であると感じました。
  • せきてらす (関市)
    今年3月にオープンした新たな観光スポットです。
    地場産業でもある刃物を中心に関市の魅力が凝縮された施設でした。
    食べる、学ぶ、見る、体験するなどができる場所でもあり、人が集まる仕組みができていました。
    そして、なんといってもデザインが魅力的。やはり、デザインは大切です。
    瑞浪市で今後考えられている、道の駅や駅前開発などに参考にしたいと思います。
  • 川島大橋(各務原市)
    川島大橋は1日に一万台が通る交通量の多い橋です。
    5月21日に歴代5位の水位を記録。橋脚の下の土が削られ傾いているため、通行止めとなっています。
    毎日この橋を歩いていた市民から傾いていると通報により発覚したそうです。
    現在他の橋でも同様のことがないかを調査しているそうですが、今のところ大丈夫であるとのこと。

今回の視察は、ぎふチャンにて10月13日放送予定です。