東濃議員懇話会・研修会

古屋代議士を中心とした東濃の県議団の集まりがコロナ対策をしつつ開催されました。

冒頭、昨年10月25日にご逝去された早川捷也先生への黙祷。
その後、安倍首相の辞任会見を拝見しました。
古屋代議士は安倍首相と非常に近いこともあり、昨日もお会いになったそうです。

◉古屋代議士より下記のとおり東濃に関わる国政報告をうかがいました

  • 全国トップクラスの速さで1人10万円の特別定額給付金を給付。東濃五市の市長との連携。
  • 雇用調整助成金の12月末までの延長の閣議決定。
  • 予備費10兆円の使い道について。臨時地方交付金の増額も視野に。
  • 骨太の方針へ。防災・減災・国土強靭化のための予算確保。
  • 片側三車線の全ての高速道路は今年度中に設計速度120km/h。(古屋代議士が国家公安委員長の際に計画)
  • 「社会機能の全国分散を実現する議員連盟」立ち上げ。会長は古屋代議士。✖️首都移転→○地方に役割分担、代替性の役割。リスク分散。
  • 習近平主席の国賓来日の中止を求める要望書の提出。
  • 台湾との窓口。マスク200万枚、防護服5万着を配布。李登輝元総統弔問。
  • WRC開催断念。2021年秋に向け延期し、準備。EUから数百人のスタッフを入国させる見通しが立たないため。
  • 日本国憲法の勉強。