総務委員会視察1日目

感染症陽性患者の入院先が決まるまで一時的に受け入れる臨時医療施設を視察しました。

本年の9月30日に岐阜メモリアルセンター武道館内に整備されました。
20床ほどあり、酸素投与や抗体カクテル療法等の必要な処置ができることから、医療が逼迫した際に必要な施設です。
心電図、血圧、血中酸素飽和度を測る生態情報管理機器があり、本部で一元的に管理することができ、何か異常があれば対応できるシステムがありました。

明日は、瑞浪市釜戸町にある、カマドブリュワリーのクラフトビール醸造所と昨年の大雨で倒木した県の天然記念物であった大湫大杉の復興の様子を視察していただけることとなりました。